文化財情報検索

万葉歌碑(筑紫の館) 中央区

印刷する

指 定 その他
区 分 その他
種 別 その他
所 在 地 福岡市中央区城内1
時 代 その他

紹介文

 「今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ」(巻15・3655)
 舞鶴公園内、旧平和台野球場と陸上競技場の間にある。遣新羅使の一行が筑紫館で詠んだ歌の一首で、これらの歌の内容は、中山平次郎博士が、福岡城内に筑紫館があったことを推定した証拠の一つともなった。揮毫は国文学者の倉野憲司。

地図

近隣の文化財

  • 1 鴻臚館跡 中央区

     鴻臚館は平安時代、平安京、難波、筑紫の三ヵ所に設置された外交施設である。その名は古代中国で外国との交渉を司る「鴻臚寺」に由来し、「鴻」...
    詳細を見る
  • 2 福岡城祈念櫓 中央区

     この祈念櫓は、本丸の東北隅に鬼門封じの祈念をするために建立されたもので、棟札によると万延元年(1860)3月に起工し、同年10月に竣工した...
    詳細を見る
  • 3 東学問所跡 中央区

     天明4年(1784)、九代藩主黒田斉隆のとき、学問所が東西二ヶ所に設けられた。東学問所は修猷館と呼ばれ、福岡城三の丸から上の橋大手門を出たす...
    詳細を見る
  • 4 旧母里太兵衛邸長屋門 中央区

     黒田24騎の一人で、福島正則から名槍日本号を飲み取ったという「酒は飲め飲め…。」の筑前今様で知られる豪傑母里太兵衛の邸宅に構え...
    詳細を見る
  • 5 福岡城下之橋御門 中央区

     旧福岡城の門のうち、現在も本来の位置を保っているのは、この門のみである。  旧福岡城三の丸の堀には、東側に上の橋、西側に下の橋の二...
    詳細を見る
  • 6 福岡城跡 中央区

     豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代藩主黒田長政が、慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城で、舞鶴城ともいう。平山...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他