文化財情報検索

康永三年銘梵字板碑 博多区

印刷する

指 定 県指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市博多区千代2丁目
時 代 南北朝
所 有 者 古跡濡衣塚保存会

紹介文

 板状の玄武岩の自然右で、高さ165cm、幅145cm、厚さ20~25cmを測る。
 もとは、聖福寺西門近くにあったが、江戸時代に石堂橋の端に移され、近年道路整備によってさらに南に移動している。
 濡衣塚ともよばれるのは、濡衣をきせられた娘の墓という後世の伝説による。
 碑面の上部中央に「バン 金剛界大日如来」、向かって右下に「アク 胎蔵界宝憧如来」、左下に「アク 胎蔵界天鼓雷音如来」の三尊の種子を、無円相で幅広に深く薬研彫りしている。
大日如来の種子の下に「康永三年八月日」、向かって右下に「接待講衆」、左下に「合廿七人」の銘が刻まれている。さらにその両側には、27人の講衆の人名が刻まれている。
 康永三年(北朝の年号1344年)の銘により造立の時期を14世紀中葉に求めることができるが、銘文から造立の主旨をうかがいい知ることはできない。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 妙典寺 博多区

     永徳元年(1381)、本成院日円が柳川に建立し、立花増時が当地に移転し立花家の菩提寺とした。開山は日秀。  慶長8年(1603)4月25日、京都妙...
    詳細を見る
  • 2 善導寺 博多区

     浄土宗鎮西派の古刹。聖光上人の建暦年問(1211~1213)の建立と伝え、文明9年(1477)の再建。後土御門天皇、後に大内義隆の祈願所とされた。 ...
    詳細を見る
  • 3 蒙古碇石 博多区

     博多湾を中心として発見される特殊な考古資料に、「蒙古碇石」がある。  全長が2~3mの角柱状の石で、中央部が最も広く、両端がややせまくな...
    詳細を見る
  • 4 嶋井宗室屋敷跡 博多区

     嶋井宗室(?~1615)は安土桃山~江戸初期に活躍した博多を代表する貿易家である。茶を千利休、古田織部に学ぶ。天正15年(1587)、秀吉の博多...
    詳細を見る
  • 5 幻住庵 博多区

     臨済宗妙心寺派。山号は天目山。開基は大友氏時で、延元元年(1336)無隠元晦が馬出に開山。天保3年(1646)に博多の豪商大賀宗伯が聖福寺境内に...
    詳細を見る
  • 6 万四郎神社 博多区

     江戸初期の貿易家伊藤小左衛門の子小四郎・万之助の霊を祭ると伝え、子供の息災の神として崇敬される。  小左衛門は朝鮮への武器輸出が発...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他