文化財情報検索

鴻臚館跡 中央区

印刷する

指 定 国指定
区 分 記念物
種 別 史跡
所 在 地 福岡市中央区城内1
時 代 飛鳥、奈良、平安
所 有 者 福岡市

紹介文

 鴻臚館は平安時代、平安京、難波、筑紫の三ヵ所に設置された外交施設である。その名は古代中国で外国との交渉を司る「鴻臚寺」に由来し、「鴻」は大きい、「臚」は伝えるという意味がある。
 筑紫の鴻臚館は、飛鳥・奈良時代には筑紫館(つくしのむろつみ・つくしのたち)と呼ばれ、持統2年(688)に新羅国使全霜林を筑紫館でもてなしたという『日本書紀』の記事に初めて登場する。また天平8年(736)の遣新羅使が、筑紫館でよんだ歌が『万葉集』に収められている。承和4年(847)には鴻臚館の名称で登場し(『入唐求法巡礼行記』)、永承二年(1047)大宰府が「大宋国商客宿房」に放火した犯人4人を捕縛した記事が最後の記事となる。なお、寛治5年(1091)の記事に見える鴻臚館は、最近の研究で平安京の鴻臚館を指すものとの説が有力になっている。
鴻臚館は、9世紀前半までは、唐や新羅の使節を接待・宿泊させる迎賓館であり、遣唐使や遣新羅使が旅支度を整える対外公館であった。9世紀後半以降、鴻臚館をおとづれる主役は唐(後には五代・北宋)の商人となり、中国との貿易の舞台となった。11世紀後半に貿易拠点が鴻臚館の東の砂丘にある博多に移るまで、古代日本最大の国際交流の拠点であった。

 鴻臚館の位置については博多部とするなど各説があったが、九州大学教授の中山平次郎博士が『万葉集』、古絵図、地形、出土遺物等の検討から福崎(福岡城内)説を提唱し、現在はそれが定説化している。
 昭和62年12月、平和台球場改修工事に伴う発掘調査で、鴻臚館の関連遺構が発見された。以後、福岡市教育委員会はその全容解明のための本格調査を継続している。現在までに確認した遣構は、奈良時代以前(筑紫館)の塀と門、奈良時代(筑紫館)の塀と掘立柱建物、平安時代の大型礎石建物、土壙、溝などである。多量の瓦類の他、中国越州窯青磁をはじめ長沙窯磁器、荊窯白磁、イスラム陶器、西アジアガラス器など国際色豊かな遺物が発掘されている。平成7年には展示館が完成し、遺構の出土状態と復元建物、また出土遺物を見ることができる。
*鴻臚館跡展示館 開館9:00~17:00(入館は16:30)。12月29日~1月3日休館。無料。TEL092-721-0282

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 福岡城祈念櫓 中央区

     この祈念櫓は、本丸の東北隅に鬼門封じの祈念をするために建立されたもので、棟札によると万延元年(1860)3月に起工し、同年10月に竣工した...
    詳細を見る
  • 2 万葉歌碑(筑紫の館) 中央区

     「今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ」(巻15・3655)  舞鶴公園内、旧平和台野球場と陸上競技場の間にある。遣新...
    詳細を見る
  • 3 福岡城跡 中央区

     豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代藩主黒田長政が、慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城で、舞鶴城ともいう。平山...
    詳細を見る
  • 4 東学問所跡 中央区

     天明4年(1784)、九代藩主黒田斉隆のとき、学問所が東西二ヶ所に設けられた。東学問所は修猷館と呼ばれ、福岡城三の丸から上の橋大手門を出たす...
    詳細を見る
  • 5 ツクシオオガヤツリ 中央区

     ツクシオオガヤツリはカヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草の一種である。我が国では極めて珍しい植物で、福岡城のお堀で最初に発見されたため...
    詳細を見る
  • 6 旧母里太兵衛邸長屋門 中央区

     黒田24騎の一人で、福島正則から名槍日本号を飲み取ったという「酒は飲め飲め…。」の筑前今様で知られる豪傑母里太兵衛の邸宅に構え...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他