文化財情報検索

翁別神社 東区

印刷する

所 在 地 福岡県福岡市東区馬出2丁目6−1

紹介文

武内宿弥とこの土地に縁の深い松の翁と白梅姫と其の一族を祭った神社です。社前の鏡の井は、今も昔を物語るかの様に其の名残をとどめています。また、三韓征討の時、神功皇后がこの箱崎浜に趣かれた際に武内宿弥はお供して、草木が繁る大自然の小高い清水湧く鏡のように清く澄んだ小池の水に舌鼓を打たれ翁神社の銀杏の陰で小憩されたといわれています。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 称名寺 東区

    市内でも数少ない時宗の寺院です。当初は博多土居町にありましたが、大正9年に現在地に移転しました。かつて境内には明治45年に造られた銅製の...
    詳細を見る
  • 2 妙徳禅寺 東区

    曹洞宗の寺院で、山号は今峰山です。聖福寺の開祖、栄西が宋から帰国した後、聖福寺が建てられる間住んでいたと『筑前国続風土記』に記されてい...
    詳細を見る
  • 3 木造釈迦如来坐像 東区

     この像は、右手で「恐れをなくす」という施無畏(せむい)の印、左手で「願いをかなえる」という与願(よがん)の印を示した、釈迦の説法の姿を表...
    詳細を見る
  • 4 木造不動明王坐像 東区

     結伽扶坐し、裳は腰から下をおおい、条帛は左肩にかけてまとう。右手に五鈷杵型の握りの宝剣(後補)、左手に羂索を持つ。頭部は頭頂に八弁の...
    詳細を見る
  • 5 木造弥勒如来坐像 東区

     衲衣は、左肩を覆い、右肩に軽くかかるようにまとう。結伽扶坐し、右手は上品(親指と人差指を合わせる)の来迎印の一手をあらわし、左手は珍...
    詳細を見る
  • 6 枯野塚 東区

     松尾芭蕉辞世の句    「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」 とその枕頭に傍していた弟子呑舟の書きとめたものを、元禄12年(1699)芭蕉...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他