銅造誕生釈迦仏立像

【指定】市指定 【種別】彫刻

銅造誕生釈迦仏立像

 誕生仏とは釈迦誕生時の、「天上天下唯我独尊」の言葉を形象化し、右手で天を指し、左手で地を指す姿をとる。また釈迦誕生を祝う4月8日の灌仏会も7世紀から行われている。
 銅像鍍金で総高は9.2cmであり、台座は後補である。上半身は裸形で、頭部頂よりほぞまで一鋳である。裳は、正面は膝上まで、背面は蓮肉につくまで長くなっている。
 伝来の由来は不明であるが、飛鳥~平安時代の誕生仏遺品は九州でも数体を数えるに過ぎず、仏教信仰の広がり・定着など、仏教受容のあり方を伝える誕生仏である。

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 彫刻
所 在 地 福岡市東区箱崎2丁目10ー20
時 代 奈良
所 有 者 宗教法人 天満宮