永和三年銘梵字板碑

【指定】市指定 【種別】考古資料

永和三年銘梵字板碑

 通称箱崎天満宮の境内にある。板碑は玄武岩製で高さ61cm。正面上部に三つの円相があり、上にキリーク(阿弥陀如来)、右にサ(観世音菩薩)、左にサク(勢至菩薩)の阿弥陀三尊を梵字で表す。下部には永和三年(1377)等の銘文が残る。今川貞世(了俊)が応安4年(1371)に九州探題として下向後、南朝年号使用の板碑は確認されておらず、本板碑は最初に北朝年号を使用したものであり、市域における南北朝時代の政治情勢を示す重要な資料である。

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市東区箱崎2丁目10-20
時 代 南北朝
所 有 者 宗教法人天満宮