石燈籠一基

【指定】国指定 【種別】工芸品

石燈籠一基

 本殿に向って右側に立っている。花崗岩製で、笠、火袋、中台、基礎など、全体の基本となる各部は六角形に作る。
 鎌倉時代の石燈籠に見るようなどっしりした趣はないが、全体にほそやかにまとまって工芸品的な感が深い。各部の作りや飾りの文様の表現など、いくぶん迫力にかける憾みはあるが、全てがいかにも手際よく彫り成されている。この種の石造美術における、この時代の傾向のひとつででもあろうか。
 基礎は、下段の六角形の各面を2間に分け、それぞれ格狭間(曲線で囲まれた装飾)をいれる。その上に12葉の複弁の蓮華文の座をやや高く作り、さらにその上に低目の蓮華座を作り出して、竿を受ける座とする。この蓮華座の上面には珠文帯(もんたい)をめぐらす。竿は円筒形、中ほどに大小3条、上・下端に大小2条の帯をめぐらす。中台は、下面に複弁蓮華文を請花状に彫り出し、さらに2段の造り出し(台状の部分)を加える。その各側面は2間に分け、5面には獅子、1面には唐草を浮彫りする。中台上面には、2段の造り出しを作る。
 火袋の上段と下段は各面2間とし、上段には横連子、下段には花菱文を彫る。中段は、相対する2面は火口とし、他の4面は蓮台を浮彫りにして、その上に丸窓をあける。笠は幅広い降棟をつくり、棟先は蕨手状に上に巻く。宝珠と請花は1材で作り、請花には複弁蓮華文を刻む。
 火袋の底裏に陰刻の銘文があり、観応元年(1350)に、京都の石清水八幡宮の神宮寺(護国寺)の子院である大乗院の燈籠として、石工・井行長が作ったことがわかる。この後、千利休によって筥崎宮に奉納されたと伝えられるが、詳細は明らかでない。

副 称 火袋底裏刻銘の終りに「観應元年庚寅六月廿八日勧進尼了法」 「大工井行長」とある
指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 工芸品
所 在 地 福岡市東区箱崎1丁目22-1
時 代 南北朝
所 有 者 宗教法人 筥崎宮

近隣の文化財