筥崎宮高燈籠

筥崎宮高燈籠

高さ約6メートルで石造りの均整のとれた灯籠です。文化14年(1817 年)に箱崎捕漁師が博多湾に出漁のため、帰船の目印として作ったもので、上部は木製で夜に火を入れるには漁師たちが当番制で当たったそうです。現在の灯籠は昭和43 年に改築したものです。

所 在 地 福岡県福岡市東区箱崎1−22−1