文化財情報検索

旧高宮貝島家住宅主屋・茶室 南区

印刷する

指 定 市登録
区 分 有形文化財
種 別 建造物
所 在 地 福岡市南区高宮5丁目190番地11
時 代 大正
所 有 者 福岡市

紹介文

麻生・安川とともに「筑豊御三家」と称され、炭鉱経営で「炭鉱王」と呼ばれた貝島太助の弟である貝島嘉蔵の邸宅として作られた。
大正4年に直方市に建築され、昭和2年に現地に移築された。その後、増築・改修等を経て、現在のかたちになった。
2022年4月からは、茶室などの貸し部屋やレストラン、ホールなどを整備した、緑豊かなおもてなしの場・高宮南緑地(旧高宮貝島家住宅)として活用されている。
https://park.takamiyagarden.com/

 

建物構造は、壁が少ない伝統的な軸組工法である。外観は増築を繰り返し、長く雁行する平面と折り重なる屋根が意匠的にも陰影と深み、面白さを生んでいる。雨戸障子を開け放てば床が連続し、庭まで続く開放的な空間となる。
内部は床柱、天井板をはじめ全ての造作材に、素性の良い目の詰まった四方正目の杉を多用し、簡素で上品な仕上げである。
本座敷は書院造り、南8畳は数寄屋造りとし、もてなしの部屋ごとに様々な意匠を凝らしている。
市内において有数の近代和風建築であり、筑豊の石炭産業全盛時の歴史を伝える貴重な建造物である。
 

その他の写真

地図

近隣の文化財

近隣の文化財情報はありません。

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他