南懐仁の大砲

【指定】市指定 【種別】歴史資料

南懐仁の大砲

 筥崎宮の回廊に置かれている青銅製の大砲で、砲身長328cm、口径13.4cmである。銘文より中国清朝の康煕28年(1689)製作で、フェルディナンド=フェルビースト(中国名:南懐仁、1623~1688)が製作指導を行ったことがわかる。フェルビーストはベルギー人のイエズス会宣教師で天文・暦法・地理・砲術等様々な西洋技術を伝えている。
 砲身に漢字と満州文字の銘文が記されるとともに、蓮華紋や唐草紋ほかの種々の文様が鋳出されている。 

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 歴史資料
所 在 地 福岡市東区箱崎1丁目22-1
時 代 江戸
所 有 者 筥崎宮

近隣の文化財