貞和五年銘梵字板碑

【指定】市指定 【種別】考古資料

貞和五年銘梵字板碑

 貞和5 年(1349)の板碑で飯盛神社の南側、かつて神宮寺があった跡地に残る文殊堂の左前方に立っています。花崗岩の自然石に無円相の種子と銘文が刻まれています。高さ83cm、幅55cm、厚14cmの花崗岩の自然石に無円相の種子と銘文を刻む。
 種子は、中央上部に文殊菩薩を示す梵字(マン)を薬研彫(やげんぼり)する。
 銘文は三行書きで
    貞和五年□
    八月九日
    大尼慈善
 なお、同地にはこのほか5点の板碑が残っています。

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 西区飯盛字文殊前672
時 代 南北朝
所 有 者 宗教法人成就院

近隣の文化財