福岡の歴史と民俗

鴻臚館外交

鴻臚館創造復元図

第4の画期は八世紀で、鴻臚館の時代だといえます。鴻臚館の前身は七世紀末に設置された筑紫館で、平安時代に唐風の名称になりました。鴻臚館を拠点に遣唐使や遣新羅が往来し、唐や新羅の使節も鴻臚館に宿泊しました。鴻臚館はその後400年間にわたり外交・貿易の拠点となりました。鴻臚館の所在地は、1987年の発掘調査で平和台野球場を中心とする福岡場内にあったことが初めて確認され、将来の復元整備に向けて現在も調査が続けられています。

一覧に戻る