福岡の歴史と民俗

博多黄金の日々

博多遺跡群出土品

第6の画期は戦国時代の十六世紀で、博多は東の堺と共に貿易都市として栄え、博多の豪商達が海外に雄飛しました。宣教師のルイス・フロイスは、著書『日本史』に商人による自治都市博多の繁栄を記しています。十六世紀後半には博多は度々戦火に見舞われ荒廃しますが、1587年の大閤町割で自治都市博多は復興し、十七世紀前半まで再び博多の豪商達が活躍しています。

一覧に戻る