文化財情報検索

万葉歌碑(志賀島第8号歌碑) 東区

印刷する

指 定 その他
所 在 地 福岡市東区大字志賀島 志賀島小学校
時 代 現在

紹介文

「志賀の浦にいざりする海人
               家人の待ちこふらむに明しつる魚」(巻15・3653)

 志賀島小学校内に建てられている。
 天平8年(736)の遣新羅使一行が、途中筑紫に滞在しているときに、故郷のことを思い悲しんで詠んだもので、志賀の浦で漁をしている海人は、家族が待っているであろうに、夜通し漁を行っている。という意味である。海人は漁が終われば家に帰れるが、新羅に行かなければならない自分が、家族に会えるのはいつのことであろうかという嘆きが伝わってくる。

地図

近隣の文化財

  • 1 万葉歌碑(志賀島第3号歌碑) 東区

    「志賀の白水郎(あま)の釣りし燭せるいさり火乃                ほのかに妹を見無よしもか裳」(巻12・3170)  志賀島南...
    詳細を見る
  • 2 万葉歌碑(志賀島第9号歌碑) 東区

    「沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎             たみて漕ぎ来と聞えこぬかも」(巻16・3867)  志賀島南西部の棚ヶ浜に建てられてい...
    詳細を見る
  • 3 銅造菩薩坐像 東区

     臨済宗東福寺派の禅宗寺院である蓮台山荘厳寺(承天寺末)に安置されている、蝋型による一鋳造の像である。総高は37.2cmで、被熱により両肘か...
    詳細を見る
  • 4 木造観音菩薩立像 東区

     臨済宗東福寺派の禅宗寺院である蓮台山荘厳寺に安置される。針葉樹の一材から体躯のほとんどを彫り出す一木造である。  伝来についての詳...
    詳細を見る
  • 5 大永四年銘梵字板碑 東区

     本板碑は志賀島に位置する、蓮台山荘厳寺に所在するものである。玄武岩製で、高137cm、中央幅71cmを測り、銘より大永4年(1525)年の建立と考え...
    詳細を見る
  • 6 金印公園 東区

     天明4年(1784)、志賀島の農民甚兵衛が、大石の下から「漢委奴國王」金印を発見したと伝えられる所である。この金印は西暦57年後漢の光武帝が...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他