文化財情報検索

都地城跡 西区

印刷する

所 在 地 福岡県福岡市西区大字金武

紹介文

天文元(1532)年、室町幕府の命により当地に下向してきた細川若狭守光行により築城された城跡です。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 吉武高木遺跡 西区

    吉武高木遺跡は、早良平野を貫流する室見川中流左岸扇状地(吉武遺跡群)に立地する。  1984年度調査で弥生時代前期末~中期初頭の金海式甕棺...
    詳細を見る
  • 2 貞和五年銘梵字板碑 西区

     貞和5 年(1349)の板碑で飯盛神社の南側、かつて神宮寺があった跡地に残る文殊堂の左前方に立っています。花崗岩の自然石に無円相の種子と銘文...
    詳細を見る
  • 3 金武宿跡 西区

     福岡と佐賀とを結ぶ三瀬街道の宿場跡。福岡藩内の筑前二十一宿のひとつである。  宿場の中心には人馬継所(馬や人足を手配するところ)があり...
    詳細を見る
  • 4 飯盛神社 西区

     飯盛神社は旧早良郡7ヵ村の惣社で、誉田別命(ほむだわけのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神と...
    詳細を見る
  • 5 飯盛神社のかゆ占 西区

     飯盛神社はもと早良郡の惣社といわれ、近世に入ってからも周辺七ヵ村の農耕守護神として崇められて来た。ここの粥占は、小正月の朝神前に粥を供...
    詳細を見る
  • 6 飯盛神社本殿 西区

     古代以来、旧早良郡7ヶ村惣社として篤い崇敬を受けた、飯盛神社の本殿。  正面3間、側面2間、流造、銅板葺、3間向拝付。建物は乱石積の...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他