文化財情報検索

金武城田1号墳 西区

印刷する

区 分 埋蔵文化財
種 別 埋蔵文化財
所 在 地 福岡県福岡市西区金武
時 代 古墳

紹介文

金武城田1号墳は、約1600年前につくられた、直径約14mの円形の古墳である。墳丘は2段に造られ、斜面には葺石(ふきいし)と呼ばれる石が貼り付けられている。

古墳の中央部に埋葬用の竪穴(たてあな)式石室が発見された。その内部からは、細線式獣帯鏡(じゅうたいきょう)、鉄釧(てつくしろ)(腕輪)、刀子、石製小玉が出土した。細線式獣帯鏡は訳1800年前に中国で作られ、日本にもたらされた舶載鏡(はくさいきょう)と考えられ、背面には伝説上の動物やめでたく縁起の良い言葉(吉祥句)は鋳出されている。

金武城田1号墳は、墳丘・石室、出土した遺物の内容から、早良平野の有力者の墓と考えられる。ここから南約500mに位置する装飾古墳の浦江1号墳や、東約1㎞に位置し、大規模な横穴石室を有する夫婦塚(めおとづか)古墳などとともに、早良平野の古代を考える上で重要な遺跡の一つである。

地元の皆様のご協力により、現在は水田の下に埋め戻して保存されている。
 

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 金武宿跡 西区

     福岡と佐賀とを結ぶ三瀬街道の宿場跡。福岡藩内の筑前二十一宿のひとつである。  宿場の中心には人馬継所(馬や人足を手配するところ)があり...
    詳細を見る
  • 2 都地城跡 西区

    天文元(1532)年、室町幕府の命により当地に下向してきた細川若狭守光行により築城された城跡です。
    詳細を見る
  • 3 浦江1号墳 西区

    金武地区農村総合整備事業は2001年度から着手され、浦江地区圃場(ほじょう)整備予定地内の発掘調査によって12基の古墳時代後期古墳が発見された。 ...
    詳細を見る
  • 4 浦江1号墳 西区

     2001年度に着手された浦江地区圃場整備予定地内の発掘調査によって、12基以上の古墳時代後期古墳からなる浦江古墳群が発見された。  1号墳は、...
    詳細を見る
  • 5 夫婦塚二号墳 西区

     江戸時代に著された『筑前国続風土記付録』に「(金武村)乙石の北二丁斗に石窟二あり、共に口は南にむかへり」と記された2基の古墳で、現在は1...
    詳細を見る
  • 6 吉武高木遺跡 西区

    吉武高木遺跡は、早良平野を貫流する室見川中流左岸扇状地(吉武遺跡群)に立地する。  1984年度調査で弥生時代前期末~中期初頭の金海式甕棺...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他