文化財情報検索

金錯銘大刀 西区

印刷する

指 定 国指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市早良区百道浜3-1-1(福岡市博物館)
時 代 古墳
所 有 者 福岡市

紹介文

元岡古墳群G群6号墳(7世紀前半)から出土した鉄刀。通称、庚寅銘大刀(こういんめいたち)。

出土直後の透過X線撮影で、刀の背に文字があることが判明した。
その後、慎重に保存処理を進め、金象嵌の19文字の銘文があらわれた。銘文は「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果□(錬カ)」(めでたい庚寅の年の庚寅の日にたくさん鉄を鍛えてこの刀を作った)と読むことができる。
当時の暦とみられる元嘉暦において正月六日が庚寅となる西暦570年に作られた刀であると考えられている。

 

茎には柄のものと見られる木質の痕跡や目釘が残るが、刀身には木質の痕跡は認められないことから、鞘には納められず、抜き身のまま副葬されていたと考えられる。

 

この古墳には、数十年ほどの間に5人程度の人が埋葬されたと想定されている。大刀のほか、副葬品一式(金属製品、玉、須恵器や土師器)が、国の重要文化財に指定されている。

 

庚寅銘大刀 ~最新技術を駆使した文化財の保存処理~
https://youtu.be/w0yyTcxYfWs

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 上月隈遺跡出土品(第3次調査) 博多区

    平成11(1999)年の第3次調査で、甕棺墓9基、土壙墓11基などを発見した。 このうちの、7号甕棺墓からは、銅剣1口とガラス製管玉23個以上が出土。 ...
    詳細を見る
  • 2 筑前吉武遺跡出土品 早良区

    吉武遺跡群は、早良平野の中央を流れる室見川中流左岸に立地する旧石器時代から中世にわたる複合遺跡である。   その遺跡群の中にある吉武...
    詳細を見る
  • 3 福岡城出土輪宝・壺 中央区

    国史跡福岡城跡内にあった、旧舞鶴中学校敷地から昭和36(1961)年度の校舎整備に伴う工事中に出土した。 出土地点は、大濠に面した三の丸西郭に...
    詳細を見る
  • 4 鍍金鐘 早良区

     志賀海神社に伝来した高麗時代の梵鐘で、総高52.8cm、口径30.5cmである。龍頭・甬と鐘身は別鋳し、部分的に鍍金の痕跡が残っている。鐘身には4...
    詳細を見る
  • 5 金印 早良区

     「漢委奴国王」金印は、天明4年(1784)に志賀島(現在、福岡市東区)の叶崎(かなのさき)というところで二人持ほどの石の下から発見された。発見...
    詳細を見る
  • 6 福岡市博物館 早良区

     シーサイドももちの中央、福岡タワーを背にして建つ。平成元年のアジア太平洋博覧会ではテーマ館にもなったハーフミラー貼りの建物は、ガラスの...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他