文化財情報検索

飯盛山出土瓦経 西区

印刷する

指 定 市指定
区 分 有形文化財
種 別 考古資料
所 在 地 福岡市早良区百道浜3-1-1(福岡市博物館)ほか
時 代 平安
所 有 者 福岡市ほか

紹介文

瓦経は、粘土板に経文を刻み、瓦のように焼き締めたもので、通常30㎝前後の方形である。
日本では、平安時代後期になると、経典を後世に伝えるため、地下に埋納する経塚が盛んにつくられた。紙に写経した紙本経を筒形の容器に入れて埋めるのが一般的だが、紙は朽ちやすいため、瓦経が作られたと考えられる。
主として12世紀代に集中し、これまでに全国で40例程度が確認され、分布の中心は西日本にある。
飯盛山瓦経は、江戸時代、明治20年前後、明治22年(あるいは24年)、大正13年の数回にわたって出土している。
特に大正13年には、山頂で祈雨祭を行った際に、400点以上が出土したと記録されている。
紀年銘、願文を記したものがあり、永久2(1114)年に、造営されたことがわかる。また、僧俗21名以上の人名が確認でき、この中には鎌倉時代の史料に在地領主としてあらわれる壬生氏の名も見える。
瓦経の内容としては、法華経、無量義経、観普賢経、仁王経、般若心経、阿弥陀経であり、297枚が埋納されたと考えられる。
発見当時から散逸が著しく、現時点では、完形品12点、破片157点の所在が確認できるだけである。
瓦経の発見事例が全国的に少ない中で、年代の明らかなものとしては全国で8例しかなく、きわめて貴重な文化財であるといえる。

その他の写真

地図

近隣の文化財

  • 1 金印 早良区

     「漢委奴国王」金印は、天明4年(1784)に志賀島(現在、福岡市東区)の叶崎(かなのさき)というところで二人持ほどの石の下から発見された。発見...
    詳細を見る
  • 2 福岡市博物館 早良区

     シーサイドももちの中央、福岡タワーを背にして建つ。平成元年のアジア太平洋博覧会ではテーマ館にもなったハーフミラー貼りの建物は、ガラスの...
    詳細を見る
  • 3 鍍金鐘 早良区

     志賀海神社に伝来した高麗時代の梵鐘で、総高52.8cm、口径30.5cmである。龍頭・甬と鐘身は別鋳し、部分的に鍍金の痕跡が残っている。鐘身には4...
    詳細を見る
  • 4 上月隈遺跡出土品(第3次調査) 博多区

    平成11(1999)年の第3次調査で、甕棺墓9基、土壙墓11基などを発見した。 このうちの、7号甕棺墓からは、銅剣1口とガラス製管玉23個以上が出土。 ...
    詳細を見る
  • 5 西南学院大学博物館(ドージャー記念館) 早良区

     西南学院大学博物館(ドージャー記念館)は、大正9年(1918)に着工、大正10年(1921)に完成した。設計は、明治38年(1905)に来日し、昭和1...
    詳細を見る
  • 6 元寇防塁(西新地区) 早良区

     文永11年(l274)蒙古の襲来を受けた鎌倉幕府は、建治2年(1276)に博多湾の海岸線に石築地(いしついじ)を築いて再度の来襲に備えることに...
    詳細を見る

近辺情報

時代別検索

エリア・マップ検索

種別検索

キーワード検索

  • クリア
  • 検索
カテゴリーの紹介
建造物
絵画
彫刻
工芸品
書跡・典籍・古文書
考古資料
歴史資料
無形文化財
無形民俗文化財
有形民俗文化財
史跡
名勝
天然記念物
文化的景観
伝統的建造物群保存地区
選定保存技術
埋蔵文化財
その他