文化財を見に行こう

1.砂丘の神社と立花山

印刷する

東区三苫付近から志賀島まで延々12キロにわたり砂丘が続き、博多湾と玄界灘を画している。この砂丘はその昔宗祇法師(連歌師、 1421~1502)や細川幽斎(戦国時代の武将、1534~1610)が愛でたように、まさに「海ノ中道」と呼ぶにふさわしい美しい景観をなしている。 ここには万葉集に歌われた製塩遺跡(海の中道遺跡)があり、またマリンワールドなどのレジャー施設もある。東を望めば、はるか前方にかっては船乗りたちの 山見航法の目印ともなった立花山がそびる。

この周遊コースは、この立花山と海の中道の基部付近の文化財を組み合わせたものである。基部にあたる三苫付近では、最近発掘調査が進み、弥生・古墳 時代の様子が明らかになりつつある。また立花山周辺は、東区の一区一美事業として歴史と自然を生かした整備が行われている。コースが広域にわたり、立花山 に登ると一日のコースとしては無理がある。2、3回に分けて、文化財だけではなく豊かな自然とふれあいながら、じっくりとまわりたい。

[1] 志式神社
 奈多集落の北側の松林に囲まれた砂丘上に鎮座する。祭神は火明神、豊玉姫神などで、農業と漁業の神社として信仰される。一の鳥居をくぐった右手に建つ志式座(市指定文化財)は、間口16.3m、奥行5.27mの桟瓦葺切妻平入の農村舞台で、舞台下手には7.22mの常設の花道が付属する。現在も神社の祭りで使用されている。境内には絵馬殿もある。11月19日(旧暦10月19日)の秋...
[2] 綿津見神社
 綿津見神を祭神とする社である。境内には大日堂・虚空蔵堂があり、ここに祭られた木造の不動明王立像、吉祥天立像、如来形立像、伝虚空蔵菩薩立像、伝薬師如来座像の5躯が「綿津見神社仏像群」として市有形文化財に指定されている。この仏像群は前4仏像が平安時代後期、他が南北朝時代の作とみられる。このうち如来形立像と菩薩立像は、11世紀あるいは14世紀に海中から...
[3] 宮前古墳群
 大神神社境内から北側の公園緑地内に分布する3基の円墳群である。昭和45年、団地造成工事の際調査された。神社拝殿西横の1号墳は横穴式石室の玄室が残るが、その北側の2号墳は埋め戻されて形をとどめていない。また公園緑地に位置するの3号墳は墳丘径20mで、内部主体は全長7.3mの横穴式石室。現在も形のよい墳丘と石室がそのまま残されている。石室から出土した須恵...
[4] 宗勝寺
 宗勝寺は高節山麓にある曹洞宗の寺院である。小早川隆景の重臣で、立花城代を務めた浦宗勝が亡妻を弔うため永禄12年(1569)に建立した。寺は後に焼失し、現在の本堂は約200年前に再建されたものである。本堂左手前の山道を案内に従って登っていけば、竹林の中に宗勝とその妻の墓が、5人の重臣の墓とともにある。
[5] 立花城跡
 福岡市東区と粕屋郡新宮町、久山町境の立花山(標高367m)に築かれた南北朝~戦国時代の山城である。豊後大友氏の拠点で、元徳2年(1330)に大友(立花)貞載が築城した。7世の鑑載が大友宗麟に叛いたため、戸次鑑連(道雪)がこれを攻めて入城し、後年立花氏を称した。天正14年(1586)、その子統虎(宗茂)が九州征覇のため北上して来た島津氏とここで戦い守り抜き、の...